質の高いセキュリティは確かなヒューマンリソースから

「和の精神」と「誠実な行動」そして「全社力」。

ガードリサーチ 代表取締役 池田 勝敏

株式会社ガード・リサーチは、昭和45年9月15日に愛知県名古屋市で生まれ、創業から46年余り、多くの皆様のご支援のおかげで着実に順調に成長してまいりました。現在では名古屋市はもとより中部、関東一円にも業務エリアを広げております。

これは、創業者 松本省吾(元愛知県警察本部長 中部管区警察局長)が志した「和の精神」と「誠実な行動」という2つの教えを、社員全員で真面目に遂行し続けていることが皆様にご理解頂けたためと自負しております。

私は、この2つの精神を引き継ぎつつ、さらに全社員の力を一致団結させるという意味を込めた「全社力」という言葉をもう一つのテーマに掲げ、現在経営を担わせていただいております。全社員が一丸となった「全社力」で、「和の精神」と「誠実な行動」をもって業務に邁進する。それが私たちガード・リサーチです。

私たちは、お客様のあらゆるセキュリティニーズに対応できる警備専門家集団として質の高いセキュリティサービスを提供する自信を持っています。しかしそのためには、警備に対する専門知識や技能が身につくような訓練が必要不可欠です。

そこでガード・リサーチでは優れた人材の育成を重要視し、社員への教育訓練を積極的に実施しています。社員の志気が上がるような諸施策も講じております。

正義感や遵法精神に富んだ豊かな人間性、的確な判断力、豊富な経験とノウハウ、危機感知への直感。そのようなヒューマンリソースを基盤に持たずして、質の高いセキュリティサービスは提供できないからです。

警備に関するノウハウや知識、経験、考え方。それら全てを向上させる環境が弊社にはありますので心配はいりません。人々が安心して暮らせる社会づくりを私たちと共に実現していきましょう。

是非、皆様からのご応募をお待ちしております。